ページID:P042583

【陳情第20号】2019年度における障害児者・透析者を含む移動困難者に対する通院支援についての陳情

最終更新日 2018年10月19日(金曜日)

印刷

陳情第20号 平成30年8月15日   受理
議決結果 平成30年10月5日 不採択
 

件名

2019年度における障害児者・透析者を含む移動困難者に対する通院支援についての陳情

陳情者

厚木市妻田南一丁目22番4 エステートピアふじ201号
厚木市腎友会 会長 森屋 恭伯
横浜市神奈川区台町1番地8 ウェイサイドビル504号
特定非営利活動法人 神奈川県腎友会 会長 前田 好夫

付託委員会

市民福祉常任委員会

陳情の趣旨

 神奈川県内には多くの透析通院困難者がおり、通院支援の必要性から早急な対応を望む声が強く聞かれます。県内の透析患者は20,850人と言われ、老齢化の一途をたどっている状況で、車椅子を利用して通院をする患者がふえており、現行の病院・施設による無料通院サービスでは、経営的にも継続することが難しく、ましてや車椅子ごと通院できる送迎車を購入することに無理があります。そのため、車椅子で通院している患者は通院施設の送迎に頼ることができず、福祉有償サービスを利用することになります。
 透析患者は一週間に3回の透析通院を必要とするため、家族の送迎にも限界があります。また、透析導入平均年齢が69.4歳という現状であり、核家族化が進む中、伴侶の老齢化による支援の難しさや透析患者自身の加齢による身体の不自由さの増加等、不安材料は尽きません。
 障害児者・透析者に対する送迎支援を保険適用枠に捉われず行えるよう、そして通院支援介護者がふえるよう政策の検討をお願いするとともに、福祉タクシー券並びに自動車燃料費助成が2,400円から3,000円になるよう、透析者の現状に見合った予算策定をしていただきますよう陳情申し上げます。

陳情の項目

 2019年度予算策定に際し、障害児者・透析者を含む移動困難者に対する通院支援をしてください。

情報発信元

議会総務課議事調査係

(市役所本庁舎5階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2701
ファックス番号 046-223-9535
7600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。