ページID:P004314

飯山-庫裡橋

最終更新日 2016年9月13日(火曜日)

印刷

過去の飯山の橋の写真
Bridge at Eiyama on the Road to Megangaski
(宮が瀬への道に掛かる飯山の橋)
現在の飯山庫裡橋付近。
ベアトが宮が瀬に向かう途中に撮影したものらしい
現在の庫裡橋の写真
現在の庫裡橋は、
平成11年11月27日に渡り初めが行われた。
橋の長さは24メートル、
幅員は車道が7メートル、
3メートル歩道が両側に付いている。

  
 

VIEW AT EIYAMA.
Most strangers are struck by the neatness and order which prevail in the humblest cottage in Japan-and also by the extreme simplicity of the furniture- a few mats, which being about four inches thick, and made of rushes or straw are sort and pleasant to walk on- form the usual flooring, and except that the workmanship in those used in the Daimio's palace, is superior to the cottar's, there is little difference in the appearance or material used by all classes. Every mat is of the same size-viz. about 6 feet long by 3 broad- land is measured by mats.
The temple of the god, the palace of the prince, and the cottage of the peasant are alike also, with few exceptions, roofed with thatch ; tiles are occasionally made use of, and also thin shavings of pine or cedar, not unlike shingles in America-but by far the greater proportion of all buildings are thatched, and the weight and thickness of some of the temple roofs, as well as the neatness of finish are particularly striking. Owing to the volcanic nature of the country, few houses are erected of more than one story high; in the silk districts, where Eiyama is situated, a garret is often seen, Which is used for the care and development of the silk-worms, and for other processes in the manufacture of silk. The green lane shown, is one that Bicket Foster would delight in studying-the rustic bridge with its simplicity of form and material, and general picturesqueness forms a charming bit of foreground.
 

◆飯山にふれた個所を、『幕末日本の風景と人びと フェリックス・ベアト写真集』(1987、横浜開港資料館編、明石書店)は、以下のように翻訳しています。「…(略)…飯山のような生糸の産地では、蚕の飼育や生糸の生産に使用される屋根裏部屋をしばしばみかける。ビケット・フォースター*がじっと見つめたくなるような緑の小道が見え、簡素な鄙びた橋と全体が絵のように美しい前景がある。」 全文を知りたい方は、同書をみて下さい。なお、同書はBicket Fosterについて、「イギリスの画家 Birket Foster(1825-1899)のことであろう」との注をつけています。そのBirket Fosterは、英国ヴィクトリア朝時代の水彩画家で、柔和で優しい画風は現在でも人気があります。

*郷土資料館の閉館は、年末年始(12月29日から1月3日)、館内消毒など(詳細はホームページ、厚木市広報、資料館ニュースをご覧ください)。

関連キーワード検索

フェリックス・ベアト 庫裡橋 小鮎川 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

文化財保護課郷土資料館

神奈川県厚木市寿町3-15-26
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、郷土資料館は、(仮称)あつぎ郷土博物館への移転準備に伴い平成30年4月1日から休館いたします。
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)郷土資料館は、平成30年4月1日から休館しております。
電話番号 046-225-2515
ファックス番号 046-225-1070
8650-3@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。