ページID:P005617

フェリックス・ベアトと写真とは

最終更新日 2012年8月30日(木曜日)

印刷

フェリックス・ベアトは文政8年(1825年)にイタリアで生まれた。クリミア戦争、インドのセポイの乱、中国のアロー号戦争を撮影した報道写真家で、文久3年(1863年)の春ごろに来日し、下関戦争にも従軍している。
画家であるワーグマンと共同のスタジオを構えた時期もあり、日本人および外国人の肖像写真、日本の各地の風景、野外スタジオで撮影し、行商、大道芸人といった日本の風俗の撮影を行った。
明治4年(1871年)にアメリカの朝鮮遠征隊に従軍した後は、不動産業や貿易・洋銀相場などに興味が移り、明治10年に写真関係のものは一切スティルフリード・アンド・アンデルセンに譲渡してしまう。
明治17年に米相場に失敗。日本を離れ、イギリスのスーダン遠征隊に従軍写真家として活躍等が伝えられているが晩年の足取りは不明な点が多い。
この写真集は、厚木市立郷土資料館が所蔵している写真集をスキャナで複写したものである。

関連キーワード検索

フェリックス・ベアト 

情報発信元

文化財保護課あつぎ郷土博物館

神奈川県厚木市下川入1366-4
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、
あつぎ郷土博物館 9時から17時(入館は16時30分まで)
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
あつぎ郷土博物館 毎月最終月曜日(休日のときは次の平日)
電話番号 046-225-2515
ファックス番号 046-246-3005
8650-3@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。