被爆樹木クスノキの植樹場所の変更について

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

被爆樹木クスノキを移植しました。

 厚木市は平和への思いを新たにしていこうと、平和推進事業の一環として、平成27年8月9日に被爆樹木クスノキを厚木中央公園(寿町3-424-1)に植樹しました。
 植樹したのは爆心地から約800メートルの地点で被爆したクスノキの種子を育てた2世樹木で、厚木市が参加する平和首長会議を通じて長崎市から贈られたものです。
 この度、厚木中央公園雨水貯留施設設備工事に伴い、被爆樹木クスノキを下記の図の場所へ移植しました。
 引き続きこの被爆樹を恒久平和の象徴として大切に育て、平和意識の向上に寄与できるよう、一層の啓発に努めてまいります。

地図に「被爆樹木クスノキは上記の場所へ移植しました」と書かれた公園内マップ
植物が周りに植えられてある中心に植えられた被爆樹木クスノキの写真
白い柵で囲まれた被爆樹木クスノキの写真

(公開日 令和2年6月15日)

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 福祉総務課 福祉政策係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎1階)
電話番号:046-225-2200
ファックス番号:046-221-2205

メールフォームによるお問い合わせ