軽度外傷性脳損傷(MTBI)について

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

軽度外傷性脳損傷(MTBI)とは

 交通事故などで、頭を直接打ったり、頭が前後左右に揺れたりすると、脳に衝撃が伝わり、脳損傷が起こることがあります。衝撃が軽度でCT検査やMRI検査などでは異常が認められない場合でも、数日から数週間経って重い症状や長引く症状が現れ、これまで通りの生活が送れなくなる場合がありますので、注意が必要です。

主な原因

  • 交通事故
  • 高所からの転落
  • 転倒
  • スポーツ外傷
  • 暴力
  • 乳幼児の揺さぶり

主な自覚症状

  • 記憶力、理解力、注意・集中力の低下と情緒不安定(高次脳機能障害)
  • 発作性意識障害(てんかん発作)
  • 手足の動きが悪い、手足の感覚がにぶい(運動まひ、知覚まひ)
  • においがしない、見えにくい、味がしない、水にむせる(脳神経のまひ)
  • 尿や便の出方が今までと違う(括約筋の障害)

初期の対応

 交通事故などの後に、次の症状が現れたら、医療機関を受診してください。

受傷後の症状

  • 意識状態がいつもと違う
  • 事故前後の記憶がない
  • けいれん
  • 手足に力が入りにくい、手足がしびれる

手足に力が入りにくいなどの症状は、事故後数時間から数日、場合によっては数週間後に現れることがあるので、注意が必要です。

軽度外傷性脳損傷(MTBI)の診断

 軽度外傷性脳障害(MTBI)は、診断が確立していないため、神経学的検査を含む詳細な診察が必要となります。また、脳の病変が画像に写らないことが多く、脳神経外科、神経内科・整形外科・耳鼻科・眼科などの協力による総合的な診断が求められます。

主な症状

  • 手足の運動障害と知覚障害
  • 排尿や排便の障害
  • 脳神経の麻痺障害
  • 高次脳機能障害

軽度外傷性脳損傷(MTBI)の理解と支援

 軽度外傷性脳損傷(MTBI)と診断されないまま、様々な症状に悩まされている方がいます。事故後の後遺症による日常生活や社会生活のしづらさについて、私たち一人一人の理解と支援が求められています。

軽外傷性脳損傷(MTBI)の予防

《乳幼児は》

  • 体格にあったチャイルドシートを使用しましょう。
  • 赤ちゃんを、強く揺さぶらないようにしましょう。

《青少年は》

  • 自転車に乗る時は、ヘルメットを着用しましょう。
  • スポーツをするときは、防具を適切に使用しましょう。

《高齢者は》

  • 足腰を鍛え転倒を予防しましょう。
  • 転倒防止のための環境を整えましょう。
    (滑らない敷物を敷く、手すりの設置、段差や階段の解消など)

(公開日:平成29年4月1日)

この記事に関するお問い合わせ先

市民健康部 健康長寿推進課 健康医療係
〒243-0018
厚木市中町1-4-1(保健福祉センター1階)
電話番号:046-225-2174
ファックス番号:046-224-8407

メールフォームによるお問い合わせ