令和4年度がん施設検診

更新日:2022年05月18日

公開日:2022年05月18日

施設検診とは、厚木市で実施するがん検診の内、病院等の医療機関で個別に受診する方法です。

がんは、日本人の死因の第1位となっていますが、早期発見と適切な治療により、治癒率が高まります。
本市では、市民の方を対象に、次のとおり「がん施設検診」を実施していますので、ぜひご受診ください。

実施期間

 令和4年5月16日から令和5年2月15日まで。

受診券の発送

対象者宛て、6月下旬にがん施設検診等の受診券を郵送します。(申込み不要)

検診開始から受診券の発送までに検診を希望される場合は、健康づくり課までご連絡ください。

実施医療機関

次のPDFファイル又は受診券に同封されている「実施医療機関一覧」をご確認ください。

受診方法及び当日の持ち物

実施医療機関に直接お申込みの上、受診してください。なお、予約が必要な場合があるため、事前に実施医療機関にお電話等で確認してください。

当日は、受診券のほか、健康保険証と受診費用をお持ちください。

各種検診の対象者と受診費用

胃がん検診

検査方法

対象者

受診費用

X線直接撮影
(バリウム)

40歳以上の方
昭和58年4月1日以前生まれ

4,100円

内視鏡検査
(胃カメラ)

40歳以上の方
昭和58年4月1日以前生まれ

4,800円

リスク検診
(血液検査)

40歳以上の方
昭和58年4月1日以前生まれ

1,500円

肺がん検診

検査方法

対象者

受診費用

胸部X線検査

40歳以上の方
昭和58年4月1日以前生まれ

500円

50歳以上で、喀痰細胞診検査実施時、合計で1,600円

大腸がん検診

検査方法

対象者

受診費用

便潜血検査

40歳以上の方
昭和58年4月1日以前生まれ

400円

前立腺がん検診

検査方法

対象者

受診費用

PSA検査
(血液検査)

50歳以上の男性
昭和48年4月1日以前生まれ

1,000円

乳がん検診

検査方法

対象者

受診費用

マンモグラフィ

40歳以上の女性(昭和58年4月1日以前生まれ)で、昨年度乳がん検診を受診していない方(マンモグラフィについて40歳から49歳は2方向、50歳以上は1方向から撮影)

  • 40歳から49歳
    2,100円
  • 50歳以上
    1,600円

子宮がん検診

検査方法

対象者

受診費用

けい部細胞診

20歳以上の女性
平成15年4月1日以前生まれ

2,000円

45歳以上で、医師の判断により体部検査実施時、合計で3,800円

肝炎ウイルス検診

検査方法

対象者

受診費用

血液検査

40歳以上(昭和58年4月1日以前生まれ)で、過去に市が実施した肝炎ウイルス検診を受診していない方

900円

口腔がん検診

検査方法

対象者及

受診費用

口腔内検査

40歳以上の方

昭和58年4月1日以前生まれ

1,600円

成人歯科健康診査と同時に受診する場合は、1,200円(成人歯科健康診査と合わせて2,200円)

受診費用が無料になる方及び免除される方

  • 70歳以上(昭和28年4月1日以前生まれ)の方は、受診費用が無料となります。
  • 受診勧奨対象年齢の方は、受診費用が無料となります(詳しくは「受診勧奨について」をご覧ください)。
  • 次に該当する方は、受診費用の免除を受けることができます。
    1. 市町村民税非課税世帯に属する方で、費用免除証明書の交付を受けた方
      費用免除証明書の交付は、受診の7日前(土曜、日曜等を除く)までに、保健福祉センター2階健康づくり課、市役所本庁舎1階国保年金課又は各地区市民センターでの申請が必要です(詳細は検診・健診及び予防接種の費用免除についてのページをご覧ください)。
    2. 生活保護を利用している方
      受診の際に生活保護費受給票を提示してください。
    3. 中国残留邦人等に対する支援給付を受けている方
      受診の際に本人確認証を提示してください。

受診勧奨について

次の年齢の方は、受診勧奨となり、対象となる検診の受診費用が無料となります。

なお、年度年齢とは、令和4年度末までに達する年齢を指します。

受診勧奨対象者詳細

年度年齢

対象となる生年月日

無料になる検診の種類
男性

無料になる検診の種類
女性

21歳

平成13年4月2日から平成14年4月1日

 

子宮がん検診

26歳

平成8年4月2日から平成9年4月1日

 

子宮がん検診

31歳

平成3年4月2日から平成4年4月1日

 

子宮がん検診

41歳

昭和56年4月2日から昭和57年4月1日

肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診

46歳

昭和51年4月2日から昭和52年4月1日

肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診

51歳

昭和46年4月2日から昭和47年4月1日

肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診

56歳

昭和41年4月2日から昭和42年4月1日

  • 肝炎ウイルス検診
  • 大腸がん検診
  • 肝炎ウイルス検診
  • 大腸がん検診

61歳

昭和36年4月2日から昭和37年4月1日

  • 肝炎ウイルス検診
  • 大腸がん検診
  • 肝炎ウイルス検診
  • 大腸がん検診

その他

受診券発送対象者

令和4年6月1日現在、厚木市に住所を有する方

受診券を紛失した場合

紛失した場合は、必ず受診前に健康づくり課で再発行の手続を受けてください。

受診方法を変更したい場合(施設検診⇔集団検診)

受診方法は、病院等で受ける施設検診と厚木市保健福祉センターで実施する集団検診があります。

変更が可能な検診は胃がん検診、乳がん検診及び子宮がん検診です。

変更を希望する場合は、受診券交換の手続が必要ですので、受診券を破棄せず、変更期限内に健康づくり課までご連絡ください。

受診方法の変更期限
変更種別 変更期限
施設検診から集団検診に変更 7月1日から9月30日まで
集団検診から施設検診に変更 集団検診受診券に記載の受診日時まで

 

受診券が届かない場合

7月に入っても受診券が届かない場合は、健康づくり課までご連絡ください。

また、6月2日以降、転入等により厚木市に住所を有することになった方で、受診を希望される場合は、健康づくり課までご連絡ください。

関連ファイル

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

市民健康部 健康づくり課 成人保健係
〒243-0018
厚木市中町1-4-1(保健福祉センター2階)
電話番号:046-225-2201
ファックス番号:046-223-7066

メールフォームによるお問い合わせ