中学校卒業後も継続して入院している場合の医療費助成について

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

入院に係る医療費は助成が継続します。

 厚木市の子ども医療費助成制度は中学校卒業の3月31日までですが、子ども医療費助成の対象の子どもが、中学校卒業の3月31日時点で入院をしていて4月以降も継続して入院している場合は、その入院に係る健康保険適用医療費の自己負担額が助成されます。 

助成の方法

 子育て給付課の窓口で受診日から1年以内に申請してください。後日、指定口座に医療費をお支払いします。

手続きに必要なもの

  1. 領収書(お子様の名前、保険点数、診療日等が記載されていることが必要)
  2. 印鑑(スタンプ印は不可)
  3. 医療証
  4. お子様の健康保険証
  5. 養育者名義の銀行等の通帳、キャッシュカードなど口座番号のわかるもの
  6. 中学校卒業の3月31日以前から、継続して入院していることがわかるもの(領収書、診療報酬明細書など)

次の場合には、上記のほかに書類が必要となることがありますのでお問い合わせください。

  • 自己負担した金額が2万円以上となる場合
  • 小児慢性特定疾患医療、育成医療など他の医療費助成を受給している場合

助成の期間

この助成は、次のいずれかのうち、先に到来した日まで受けることができます。

  1. 退院した日
  2. 18歳に達する日以後の最初の3月31日

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来部 子育て給付課 こども医療・手当係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎2階)
電話番号:046-225-2230
ファックス番号:046-224-4599

メールフォームによるお問い合わせ