相模川で水難救助訓練を実施しました

更新日:2021年05月26日

公開日:2021年05月26日

訓練

潜水する隊員と救命ボートに乗る隊員が連携して要救助者を引き上げ

夏に増える水の事故に備えて

 厚木市消防本部は5月24、25 日に相模川(金田2155番地付近)で水難事故に備えた訓練を実施しました。市消防職員20人が、救命ボートの操作方法や潜水訓練に臨みました。

 水難救助訓練は、河川での事故が増える7・8月に向けて毎年実施しています。実際の現場となる河川での想定訓練で機材や救助方法などを確認しました。

 この日は、始めに潜水資機材の取り扱い方法などを入念に確認し、その後、二人一組で潜水訓練に取り組みました。訓練では、水中の隊員たちに指示を伝える水中スピーカーを使いながら川底を検索。要救助者の発見後は、救命ボートにいる隊員と声を掛け合いながら迅速にボートに引き上げました。

 潜水訓練に参加した神崎拳さん(24)は「川での訓練は、今回が3回目。プールなどの水の流れがない所と違い、水の流れの変化や視界不良などで難しさはあったが、その中でも、一緒に潜水した相手と連携を図ることができた。また、実際の現場となる川での訓練は、事故が起きた際に人が流されやすい方向などを学べる良い機会となった」と話しました。

 昨年度、厚木市消防本部が出動した水難事故は19件。川で安全に楽しく遊ぶためにも子どもだけで遊ばせない、お酒を飲んだら川に入らないなど注意を呼び掛けています。

 

問い合わせ 厚木消防署警備第一課・警備第二課 223-9376

この記事に関するお問い合わせ先

市長室 広報課 広報係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
電話番号:046-225-2040
ファックス番号:046-223-9951

メールフォームによるお問い合わせ