ソフトボール日本代表の山田恵里選手を特別表彰しました

更新日:2021年08月13日

公開日:2021年08月13日

表彰盾を持つ山田選手

東京五輪大会の全試合に出場した山田恵里選手

東京五輪・金メダルをたたえて

厚木市は8月11日、東京五輪女子ソフトボール競技で金メダルを獲得した山田恵里選手に特別表彰を贈りました。表彰式は、山田選手の母校・県立厚木商業高校(厚木市王子3-1-1)で開かれ、厚木商業高校ソフトボール部員らが見守る中、小林常良市長から表彰盾などを受け取りました。

山田選手は、日本代表チームの主将として東京五輪大会に出場し、試合を決める安打を放つなど金メダル獲得に貢献しました。厚木市では、その功績をたたえ、特別表彰の贈呈を決めました。

この日、山田選手は市長や学校関係者など、多くの拍手に迎えられて入場。初めに、小林市長から盾などが贈呈された後、県立厚木商業高校ソフトボール部員から、花束と記念品が手渡されました。

小林市長は「山田選手のご活躍に、心から敬意と感謝をお伝えしたい。スポーツは、多くの人に感動を与える。この喜びをみんなで分かち合いたい。さらなるご活躍を祈念します」とあいさつしました。

山田選手は「たくさんの人の支えがあって大会が開催され、金メダルを獲得できた。厚木市は、ソフトボールを始めたスタート地点なので、この結果を報告できてよかった。今後、ソフトボールが五輪の競技として復活できるようにし、若い世代の道をつくりたい」と話しました。

山田選手は、厚木市生まれで3歳のときに市外へ転居。中学生までは野球部に所属し、厚木商業高校に入学してからソフトボールを始めました。2004年のアテネ五輪で銅メダル、08年北京五輪では金メダルを獲得。同年、厚木市は市民功労表彰を贈っています。

問い合わせ 秘書課  225-2009

この記事に関するお問い合わせ先

市長室 広報課 広報係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
電話番号:046-225-2040
ファックス番号:046-223-9951

メールフォームによるお問い合わせ