【12月12日】六市町村がカーボンニュートラル推進に向けた共同宣言を実施しました

更新日:2022年12月13日

公開日:2022年12月13日

県央相模川サミットカーボンニュートラル推進に向けた共同宣言式の様子

将来の世代が安心して暮らせる社会に

相模川周辺の六自治体(厚木・相模原・海老名・座間市、愛川町、清川村)による「県央相模川サミット」が12日、厚木市役所(同市中町3-17-17)で開かれました。カーボンニュートラル推進に向けた取り組みを協議し、共同宣言書に署名しました。

サミットは、環境対策などの行政が抱える広域課題の解決を目的に2009年度から毎年開催し、今年で14回目。宣言に向けて、今年6月に環境政策を専門的に検討する部会を設置し、協議を続けてきました。

この日は、カーボンニュートラルの実現に向けて六市町村の首長が意見交換を実施。各自治体からは「実現には、行政・住民・事業者が同じ方向を向いて取り組むことが不可欠。まずは、行政として積極的な周知・徹底を図っていく必要がある」「温室効果ガス排出量削減のために、各自治体が何をすべきなのかを今以上に具体的にしていくことが重要である」など、活発な意見が交わされました。意見交換を終え、各首長が2050年カーボンニュートラルの実現に向けた協力・連携を誓い、宣言書に署名しました。今後も意見交換や広域的な研究に取り組んでいきます。

サミット会長である小林常良市長は「皆さんの協力のもと、宣言に署名できたことに感謝している。それぞれの自治体の良さを伸ばしながら、ゼロカーボンの実現に向け、思いを一つに積極的に取り組んでいきたい」と力を込めました。

サミットはこれまで、「脱炭素・温暖化防止」や「水害対策」、「ナラ枯れ対策」などの課題をテーマに協議し続けてきた他、河川の環境保全の一環として「六市町村合同クリーンキャンペーン」を実施しています。

 

問い合わせ 行政経営課【電話番号】225-2160

この記事に関するお問い合わせ先 inquiry

市長室 広報課 広報係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
電話番号:046-225-2040
ファックス番号:046-223-9951

メールフォームによるお問い合わせ