【4月4日】相模川で救命ボートの取り扱い訓練を実施しました

更新日:2023年04月05日

公開日:2023年04月05日

救命ボート訓練をする消防隊員の様子
要救助者を助けるロープを投げる訓練をする消防隊員の様子

水難事故に備えて

水難事故を想定した救命ボートの取り扱い訓練が4日、相模川(厚木市金田2155番地)など2カ所で同時開催されました。消防隊員約30人が参加し、訓練に打ち込みました。訓練は5日にも実施します。

この訓練は、河川での事故が増える夏の行楽シーズンを前に、市消防本部が毎年実施。流水域の危険性を認識し、迅速かつ的確な水難救助を学ぶ貴重な機会で、隊員の技術向上につながっています。

この日は、救助に使用する消防資器材の取り扱い方法の確認と救命ボートの組み立てからスタート。続いて、水難事故の発生を想定し、ボートの操船訓練や、要救助者にロープや浮き輪を渡す訓練などを順々に実施しました。隊員たちは声を掛け合い、河川の危険箇所を確認しながら資器材の正しい取り扱い方を学びました。

訓練に参加した警備第一課救助小隊消防士長の志村知哉さん(32)は、「川の中は水深が急に変わるところもあり、危険箇所がたくさんある。川の流れも想像以上に速く、実践に近い訓練ができた」と話しました。

市内の昨年の水難事故件数は12件。これからの季節は水遊びやバーベキューなどで水難事故の増加が予想されるため、注意を呼び掛けています。

問い合わせ 消防本部警備第一課・第二課 電話223-9376

この記事に関するお問い合わせ先 inquiry

市長室 広報課 広報係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
電話番号:046-225-2040
ファックス番号:046-223-9951

メールフォームによるお問い合わせ