ページID:P025023

「あつぎにぎわいアドベンチャー隊」任命

最終更新日 2013年6月17日(月曜日)

印刷

任命されたアドベンチャー隊の皆さん
任命されたアドベンチャー隊の皆さん

学生の視点からまちを活性化

 市内の学生がまちのにぎわいづくりに挑む「あつぎにぎわいアドベンチャー隊」の任命式が17日、にぎわい処(中町2-10-5)で実施されました。市内5大学から集まった32人の新隊員に、小林常良市長から任命書が手渡されました。

 同隊は、中心市街地の活性化に取り組む「厚木市市街地にぎわい懇話会」(六ヶ村健三会長)の発案で2008年に結成。若者ならではの発想や行動力を生かしたイベントなどで、まちににぎわいを生み出そうと毎年メンバーを入れ変えながら実施されています。これまで「あつぎハロウィン2012」「缶ドルナイト2013」などのイベントを手掛けたり、本厚木駅周辺のカフェやランチのスポットを紹介したマップを作成したりするなど、話題性のある事業を展開して好評を得ています。

 任命式では、神奈川工科大学(下荻野)、松蔭大学(森の里)、湘北短期大学(温水)、東京工芸大学(飯山)、東京農業大学(船子)の5大学の意欲ある学生を隊員として任命。任期は、来年の3月までとなっています。小林市長は「魅力あるまちにするには、若い人の力が必要。皆さんが持っている活力をまちづくりに生かしてほしい」と隊員を激励しました。

 任命式の後、隊員たちはお互いの自己紹介とともに、今後の活動事業などについて盛んに意見交換をしていました。

 任命された松陰大学1年の北川慎二さんは「まだ具体的にやりたいことは決まっていませんが、みんなで力を合わせて頑張りたい」、昨年に引き続き任命された湘北短期大学2年の川邉采那さんは「昨年イベントを手掛け、自分自身も成長できました。ことしも皆さんに喜んでもらえるイベントに参加したい」と笑顔で話していました。

 隊員の皆さんは、今後自分たちが得意とする分野などでグループに分かれ、市やにぎわい懇話会と連携しながら、市街地の活性化に向けたイベントなどの企画立案・実施を予定しています。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。