ページID:P040446

大会準優勝の小学生が教育長を表敬

最終更新日 2018年1月12日(金曜日)

印刷

さらなる飛躍に意気込みを見せた諏訪本さん
さらなる飛躍に意気込みを見せた諏訪本さん

極真空手全国大会で大健闘

 極真空手の全国大会「第5回全日本ジュニアチャンピオンシップ」で準優勝に輝いた諏訪本わかなさん(厚木市立小鮎小6年・総極真神奈川釘嶋道場所属)が11日、市役所(中町3-17-17)を訪れ、曽田髙治教育長に結果を報告しました。

 大会は、昨年12月24日に愛知県体育館(愛知県名古屋市)で開催。身長136センチの小柄な諏訪本さんは、上背に勝る選手3人に勝ち抜き決勝に進出しました。決勝戦では、優勝候補の選手に惜しくも敗れたものの、小学6年生女子の部の参加者24人中、見事準優勝に輝きました。

 当日、諏訪本さんは「背の高い相手に正面から攻撃するのは不利なので、たくさん動いて回り込んで攻撃した。決勝で負けてしまって悔しいので、次に出る大会ではもっと頑張りたい」と話しました。

 曽田教育長は「厚木出身の選手が全国大会で活躍することは大変誇らしい。この結果を自信と誇りにして、より高い目標に向かって挑戦し続けてほしい」と激励しました。

 大会は、国際空手道連盟極真会館世界総極真が主催し、他流派の空手道場も多く出場。体に突きや蹴りを当てる直接打撃による組手で勝敗を決めます。諏訪本さんは、同大会の小学4年生女子の部で優勝した実績があります。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。