ページID:P041497

厚木市で「子ども科学館まつり」を開催

最終更新日 2018年5月6日(日曜日)

印刷

身近なもので万華鏡を作る工作教室
身近なもので万華鏡を作る工作教室

親子で楽しむ科学の祭典

 親子で実験や工作に取り組みながら、科学を楽しく学んでもらおうと厚木市は5月5日、「子ども科学館まつり」を開催しました。会場となった神奈川工科大学厚木市子ども科学館(中町1-1-3)は、プラネタリウムや工作教室、サイエンスショーを楽しむ親子連れなどでにぎわいを見せていました。

 祭りは、5月5日の「こどもの日」にちなみ毎年開催し、今年で23回目。この日に限り同館で人気のプラネタリウムが中学生以下は無料で見られる他、親子で一緒に楽しめる工作教室や実験ショーが実施されました。

 プラネタリウムでは「ドラえもん宇宙のふしぎ大探検3 地球のふしぎ」をはじめとする人気番組4本を投影。頭上に広がる満天の星空に子どもたちは目を輝かせていました。「とんでけ大実験」と題して実施したサイエンスショーでは、ペットボトルやガスコンロなど身近にあるさまざまなものを使ってロケットや気球を飛ばし、来場者を楽しませました。この他、ビーズがきれいな模様を映し出す万華鏡を作る工作教室などが催され、親子で一日限りの科学の祭典を楽しんでいました。

 連休を利用して孫の元に遊びに来ていた中野幸子さん(65・大阪)は「孫と一緒に話したり相談したりしながら工作ができてとても楽しかった。ゴールデンウィークの良い思い出になった」。一緒に来ていた博菜さん(8・旭町)は「キラキラした万華鏡が作れてうれしい」。萌美さん(4)は「おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に来られて楽しかった」と笑顔を浮かべていました。

 子ども科学館では、毎月テーマを変えた工作や実験教室を開催。他にもプラネタリウムでは、アロマの香りやジャズの音色でゆったりくつろげる「大人のためのプラネタリウム」を企画するなど、子どもから大人まで楽しめる催しを多数開催しています。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。