ページID:P041573

厚木保育所でお別れの集いを開催

最終更新日 2018年5月13日(日曜日)

印刷

園舎の前で記念撮影を実施
園舎の前で記念撮影を実施

「ありがとう」の思いを込めて

 民営化に伴い3月31日に閉園した厚木保育所(中町1-3-3)で12日、取り壊し前に同園への感謝を伝えるお別れの集いが開かれました。集まった約500人の卒園児や保護者、過去に勤務していた保育士などは、感慨深そうに園内を巡っていました。

 催しは、「感謝を伝えたい」「取り壊し前に思い出が詰まった園舎を一目見たい」といった卒園児や保育士などの声に応えようと同市が主催。園舎を特別に一日開放しました。

 同日は、7人の歴代所長や勤務経験のある保育士からのメッセージや卒園児が埋めたタイムカプセルの中身などが展示された他、来場者による同園への感謝を伝える「ありがとうメッセージウォール」を作成。来場者は、風船型の紙に「楽しかった保育所。なくなるのは寂しいです」「いつも遊んでくれてありがとう」「親子で本当にお世話になりました」など思い思いの言葉を書き、桜が描かれた紙の上に重ねていきました。

 平成26年に卒園した青木笑花さん(9)は「運動会が楽しかったのを覚えている。優しい先生たちが大好きだった」と話しました。閉園まで勤めていた保育士の内海麻美さん(38)は「社会人や大学生になった子どもたちが来てくれ、覚えていてくれた。皆の成長をうれしく思う。社会人1年目の配属先が厚木保育所だったので、当時が懐かしい」と目を細めていました。

 同園は昭和25年に開園し、これまでに約2300人の園児が巣立っていきました。閉園に伴い、在園していた児童は移転先の厚木ふじの花保育園(旭町2-4-15)に移っています。

  

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。