ページID:P041750

「新庁舎整備に関する提言書」が厚木市長に提出される

最終更新日 2018年5月31日(木曜日)

印刷

市長に提言書を手渡した神保忠男委員長
市長に提言書を手渡した神保忠男委員長

新庁舎の整備の今後の在り方を提言

 厚木市役所の庁舎の建て替えの必要性や今後の在り方についてとりまとめた「新庁舎整備に関する提言書」が5月29日、厚木市に提出されました。提言書を取りまとめた厚木市庁舎建設等検討委員会の神保忠男委員長らが市役所(厚木市中町3-17-17)を訪れ、小林常良市長に提言書を手渡しました。

 厚木市庁舎建設等検討委員会は、市民活動を支える団体の代表者、学識経験者及び公募市民の13名で構成され、平成29年7月に発足。これまで7回にわたる議論を重ね、庁舎の建て替えの必要性、新庁舎の建設場所、新庁舎が目指すべき姿などについて検討してきました。  

 現在の市庁舎は、昭和46年に建設された本庁舎と民間施設の第二庁舎からなり、老朽化、分散化、狭あい化の解消を始め、災害対応力の強化といった課題を抱えています。提言書では、現在の庁舎が抱える課題は一刻も早く解決するべきであり、建設場所は、新庁舎の目指すべき姿の実現可能性を考慮し、中町第2-2地区がふさわしいとしています。

 提言書を受け取った小林市長は、「新庁舎は、市民の皆さんにとって利用しやすい施設とすることが、私たちの役目。提言書では、新庁舎整備に向けた課題が整理され、基本的な考え方を明記していただいている。この提言を真摯に受け止め、スピード感をもって進めていきたい」と抱負を語りました。

 厚木市では、今後、提言書の内容を踏まえ、新庁舎整備に関する基本構想(案)を策定し、意見交換会やパブリックコメントなどの市民参加手続の実施を予定しています。

 

問い合わせ  企画政策課 新庁舎整備担当 ☎225-2424

    

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。