ページID:P042141

文化会館で「あつぎ市民合唱団」の結団式を開催

最終更新日 2018年7月9日(月曜日)

印刷

ピアノに合わせ発声練習に取り組む合唱団の皆さん
ピアノに合わせ発声練習に取り組む合唱団の皆さん

12月の公演に向けて練習を開始

 

 12月の市民芸術祭で公演する「あつぎ市民合唱団」の結団式が7日、厚木市文化会館(恩名1-9-20)で開催されました。公募で集まった10から86歳の市民ら189人(男声65人、女声124人)が、小林常良市長からの激励を受け発表に向けた練習をスタートさせました。

 市民芸術祭は、市民に発表の場と鑑賞の機会を提供することを目的に厚木市が主催し、合唱とミュージカルを隔年で実施しています。市民合唱団は、12月16日に厚木市文化会館で開催される「あつぎ市民芸術文化祭」市民芸術祭での公演を目指して結成。オペラ歌手で声楽家の秋山徹さんから15回ほどの指導を受け、ベートーべン作曲「第九」の合唱を作り上げていきます。「第九」の公演は、平成24年以来6年ぶりとなります。

 この日の結団式では、小林市長が「市民合唱団の皆さんは、いつも公演を終えるととても良い表情をされている。練習を積み重ねて、皆さんのパワーを文化会館の大ホールで発揮し、感動を与えていただきたい」と激励しました。式の最後には、市民合唱団で団長を務める飯塚正道さん(68・三田南)の掛け声に合わせ、皆で声を上げ団結を確認し練習に臨みました。

 練習は、ピアノに合わせた発声練習からスタート。その後、楽譜を見ながらパートごとに練習を進めていきました。団長の飯塚さんは「今回も本当にたくさんの方に集まっていただけた。一期一会の合唱団だけれど、経験者も始めての方も互いに助け合って、良い合唱を作っていきたい」と意気込みを話しました。

 公演の観覧チケットは、9月下旬から厚木市文化会館や「アミューあつぎ」などで販売を予定しています。公演当日は、厚木交響楽団の演奏に合わせて市民合唱団が息の合った迫力ある歌声を披露します。

 

問い合わせ 文化生涯学習課☎225-2508

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。