ページID:P042462

JCI JAPAN 少年少女国連大使が市長を表敬

最終更新日 2018年8月11日(土曜日)

印刷

海外研修の成果と今後の抱負を語る山口さん
海外研修の成果と今後の抱負を語る山口さん

 次世代の国際化を進める担い手として

 JCI JAPAN(公益社団法人日本青年会議所)少年少女国連大使に選ばれた山口祐聖さん(16・温水)が9日、公益社団法人厚木青年会議所(会員数約70人)の向島史朗理事長らとともに、厚木市役所(厚木市中町3-17-17)を訪問し、小林常良市長に海外での研修の成果を報告しました。
 少年少女国連大使は、全国の小学5年生から高校3年生までの学生から選抜。海外での交流を通して次世代の国際化を進めていく担い手として成長することが期待されています。山口さんは、厚木青年会議所から厚木市で初めて推薦を受け、全国から選ばれた9人の高校生大使と共に、国際問題の深刻さ、国際協力の必要性を学びました。7月23日から28日までニューヨーク国連本部で国際社会が協力して目指そうとしている持続可能な開発目標(SDGs)を学び、29日から8月1日までフィリピン・マニラで研修を行いました。
 この日、小林市長は「国際社会が協力して取り組まなくてはいけないSDGsは、先駆的なテーマの一つ。ぜひ、研修で学んだこと、感じたことを市民の皆さんに広めてほしい」とこれからの活躍に期待を寄せました。山口さんは「まずは、日本や地域でSDGsの認知度を高めていかなければならない。マニラのスラム街で目の当たりにした水問題の現状に、衛生教育などの必要性を強く感じた。これからも大使として、国際社会が協力していくことの大切さを伝えていきたい」と意気込みを語りました。
 少年少女国連大使事業は、2011年に始まり、200人以上の大使が、国際社会が抱える貧困や飢餓、環境、平和などの課題について海外で学び、国際社会の発展と安定に向けた活動を行っています。山口さんの任期は10月31日までですが、年内いっぱいは地域において啓発活動を行う予定です。

問い合わせ 秘書課 ☎046-225-2009

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。