ページID:P042687

厚木市で「救急の日」キャンペーンを開催

最終更新日 2018年9月6日(木曜日)

印刷

啓発物品を配布する消防職員
啓発物品を配布する消防職員

1秒を争う救急車 正しい利用を

 「救急の日」(9月9日)と救急医療週間(9月9から15日まで)にちなみ、救急車の適正利用や応急手当の普及を推進しようと厚木市消防本部は5日、本厚木駅前北口広場(同市中町2-1)で啓発キャンペーンを開催しました。同市消防職員が駅利用者に向け、救急業務に対する正しい理解を呼び掛けます。7日まで。

 キャンペーンは、市民の救急業務への認識を深め救命率を向上させるため平成29年から開始し、今年で2回目。同市では、救急業務での出動件数が年々増加する中、その半数近くが入院を必要としない軽症と診断されており、不要不急の出動の抑制が課題となっています。平成29年中の出動件数は11,612件で、前年に比べ319件(2.8%)の増加となっています。

 この日は、救急車の適正利用を訴えるマニュアルが配布された他、救急隊員による自動体外式除細動器(AED)を使った心肺蘇生法や応急手当を実演。会場では救急車が展示されました。心肺蘇生法を体験した椿奈緒子さん(32・妻田)は、「優しく指導してもらえて良かった。子どもが救急の仕事にあこがれているので、実際に触れて良い経験になった」と話しました。息子の紳一郎さん(4)は「消防士の仕事ができてうれしかった」と笑顔でした。

 同市では、この他、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の正しい使い方を学ぶ応急手当講習会を定期的に開催。また、救急車を呼ぶか判断に迷った場合や応急手当の手順などの相談に専門スタッフが24時間年中無休で答える「あつぎ健康相談ダイヤル24」を開設し相談体制を整えています。

 

問い合わせ 救急救命課☎046-223-9365

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。