ページID:P042761

スノーボード世界大会優勝選手が市長を表敬

最終更新日 2018年9月14日(金曜日)

印刷

市長に大会の結果を報告
市長に大会の結果を報告

二つの世界一を手に

 スノーボード世界大会の2種目で優勝した厚木市在住の大塚健さん(17・飯山)が9月13日、厚木市役所を訪れ、小林常良市長らに2冠達成の喜びや今後の抱負を語りました。
 大塚さんが出場したのはニュージーランドで8月24日から9月4日にかけて開催された「FISジュニア世界選手権大会」と9月6日から8日にかけて開催された「FISワールドカップ」の2大会。世界選手権ではスノーボード男子ビッグエアと男子スロープスタイルの両部門で優勝、ワールドカップではスノーボード男子ビッグエアで準優勝を果たしました。ビッグエアはジャンプ台から飛び、空中で演技をする競技で、スロープスタイルは障害物やジャンプ台が設置されたコースを滑るもの。共に技の難易度や完成度などが採点基準となります。
 この日、大塚さんは「練習でイメージが固まっていたので、本番はプレッシャーを感じることなく競技ができた。これからワールドカップが続くので、結果を出していきたい」と力強く話しました。小林市長は「世界チャンピオンになったことに市民を代表してお祝いする。ケガに気を付けてさらなる高みを目指してほしい」と言葉をかけました。
 大塚さんは、12歳のときからプロとして活躍し、今年5月にも世界大会である「エックスゲームズ」で優勝を果たしました。日頃は、学業の傍ら埼玉県や長野県で練習に励んでいます。

問い合わせ スポーツ推進課電話番号225-2531

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。