ページID:P042923

市民協働提案事業の公開プレゼンテーションを実施しました

最終更新日 2018年10月1日(月曜日)

印刷

各団体が課題解決をアピール
各団体が課題解決をアピール

  8団体がまちの課題解決をアピール

  市民と共に地域課題の解決に取り組もうと厚木市は9月30日、市民協働提案事業の第二次審査となる公開プレゼンテーションをアミューあつぎ(厚木市中町2-12-15)で開催しました。子ども食堂や郷土芸能の普及、スポーツ教室の推進といった活動に取り組む八つの市民活動団体の代表者らが事業の目的や効果などをアピールしました。
 この制度は、市民活動団体と厚木市が地域や社会の課題解決に向けて協定を締結し、役割を分担して共に事業を実施するもの。団体が自ら事業を提案する「市民提案型」と、厚木市が提示したテーマや計画、事業の概要に沿った企画を提案する「行政提案型」の2種類があります。平成21年度から実施し、これまでに市民提案型が17事業、行政提案型が8事業採用されています。
 この日は、平成31年度の事業実施に向け、「わくわくクラシック鑑賞術講座」と「フードバンク事業」の新規事業2件を含む市民提案型6件、行政提案型3件の合計9事業のプレゼンテーションが行われました。審査を担当した山本治彦さん(79)は「人々がいきいきと暮らせるまちづくりには、市民と行政の協働が大切。提案された事業は将来を見据えたものが多くうれしく思う。採用された際は各自発展してほしい」と提案された各種事業に期待を込めました。
 提案された9事業は、今回の結果を経て、10月下旬に最終的な事業決定を受けます。審査結果や決定した事業内容などは、市ホームページでも公表する予定です。

(公開日:2018年10月1日)

問い合わせ 市民協働推進課 電話番号225-2141

 

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。