ページID:P043038

厚木市自衛消防隊消火競技会を開催しました

最終更新日 2018年10月13日(土曜日)

印刷

練習で身に付けた屋内消火栓の操作技術を披露
練習で身に付けた屋内消火栓の操作技術を披露

火災からまちを守る技術を披露

 第39回厚木市自衛消防隊消火競技大会が12日、消防訓練場(三田1475-1)で開催されました。市内にある事業所の従業員らで組織する自衛消防隊23チーム63人が、消火器や屋内消火栓の操作技術を競い合いました。

 大会は、消火器や屋内消火栓設備の操作技術向上を目指し、市が主催。市防火安全協会(中山保会長)の協力により、毎年開催しています。火災発生を想定し、火元に見立てた標的に向けて消火器を放射する消火器操法の部と、屋内消火栓で放水する屋内消火栓操法男子の部、女子の部の3部門が実施され、それぞれ選手の動きの速さや操作の正確性などを審査します。

 競技が始まると、会場には、各チームが発する大きな号令が響き渡りました。選手たちは機敏かつ正確な動きで消火栓を扱うなど、日頃の成果を発揮していました。

 消火器操法の部で最優秀賞を獲得した厚木瓦斯株式会社の大橋就平さん(24)は「昨年出場した際は、あと一歩で最優秀賞を逃してしまい悔しい思いをした。先輩たちからアドバイスをもらい、サポートしてもらっていたので結果を出せて本当にうれしい」。屋内消火栓操法男子の部で最優秀賞に輝いたソニー株式会社厚木テクノロジーセンターの平井皓汰さん(22)は「2カ月間にわたり練習をしてきたが、息をぴったり合わせて動くのが難しく苦労した。もし今後災害が発生した時には、今回の経験を生かしてみんなで協力して対応していきたい」と喜びの表情を浮かべていました。

 屋内消火栓操法の最優秀チーム(男女各1チーム)は、来年1月に開催する、市消防出初め式で操法演技を披露する予定です。

(公開日:2018年10月13日)

問い合わせ   予防課 電話番号046-223―9370

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。