ページID:P043218

子供・若者育成支援街頭キャンペーンを実施しました

最終更新日 2018年11月2日(金曜日)

印刷

歩行者に非行防止などを訴えた
歩行者に非行防止などを訴えた
あゆコロちゃんもキャンペーンに参加
あゆコロちゃんもキャンペーンに参加

子どもたちが安心して暮らせるまちに

 未来を担う青少年の健やかな成長を社会全体で見守ろうと、11月1日に「子供・若者育成支援街頭キャンペーン」を、小田急線本厚木駅周辺で実施しました。厚木市青少年指導員や市内の中学生・高校生で組織するジュニアリーダーズクラブのメンバーなど74人が参加し、帰宅途中の会社員や学生らに、非行やいじめ、児童虐待の防止を訴えました。

 キャンペーンは、11月の「子供・若者育成支援強調月間」と「児童虐待防止推進月間」に合わせて、厚木市青少年問題協議会(小林常良会長)と教育委員会、市が主催。市の保護司会や自治会連絡協議会、青少年指導員連絡協議会など子どもに関わる9団体も協力し、実施しました。

 この日参加者らは、会社員や学生が帰宅する時間に合わせて駅の北口と南口に分かれ、児童虐待を防止する相談窓口が記載されたリーフレットなどを配布。子どもが被害者となる悲惨な事件や事故の防止を訴えました。

 啓発物品を受け取った歩行者らは「遅い時間に見守りの目がたくさんあると安心」「遅くに公園などで子どもを見掛けたとき、早く帰るよう声を掛けるべきか悩むことがあるが、このような運動を通して、まち全体で子どもを守る意識が広まれば、自分も勇気を出して声を掛けられるようになると思う」などと話していました。

(公開日:2018年11月2日)

問い合わせ 青少年課 電話225-2580

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。