ページID:P043306

ウインターイルミネーション点灯式を開催しました

最終更新日 2018年11月11日(日曜日)

印刷

光輝くあゆコロちゃんが子どもたちの目も楽しませる
光輝くあゆコロちゃんが子どもたちの目も楽しませる

冬の街に咲く火の花を楽しんで

 夜の小田急線本厚木駅前を明るく照らす、ウインターイルミネーション「Atsugi Brilliant Story(あつぎブリリアントストーリー)2018」の点灯式が、11月10日に駅前北口広場で開催されました。約8万4000球の電飾が一斉に灯ると、居合わせた人々から大きな歓声と拍手が上がりました。

 イルミネーションは、多くの人が行き交う駅前を幻想的に彩ることで、中心市街地のにぎわいをつくろうと厚木市が毎年開催。本厚木ミロード(泉町1-1)と共に実施しています。2月14日までの期間中、毎日16時30分から24時まで点灯し、学生や買い物客、仕事帰りの人々の目を楽しませています。

 今年のデザインのコンセプトは、「Fireworks in winter(ファイヤーワークス イン ウインター) 冬に咲く花」で、厚木市最大の夏のイベント「あつぎ鮎まつり」の大花火大会をイメージしたものとなっています。駅北口正面のフォトスポットでは、7月に設置された電子看板「あつナビ」と初めてコラボレーション。鮮やかに打ち上がる花火の映像が、色とりどりの電飾と共に広場を美しく照らしています。また、同市マスコットキャラクター「あゆコロちゃん」にも装飾が施され、ピンクやゴールドなど色とりどりの輝きを放っています。

 この日、出席者や会場に訪れた市民の皆さんによるカウントダウンの後、3人の子どもたちがスイッチを押すと、フォトスポットや周辺の樹木が一斉に点灯。会場からは、大きな拍手や歓声が沸き起こりました。

 点灯式でスイッチを押した稲田莉花さん(11・戸室)は「スイッチを押してイルミネーションが光ったとき、たくさんの歓声が聞こえてうれしかった。とてもきれいなので、今度友達と一緒に見に来たい」と目を輝かせていました。

 イルミネーションの装飾には、省電力で耐久性に優れているLED電球を使用。電力には、風力や太陽光などの再生可能エネルギーから生まれた「グリーン電力」を使用しています。

(公開日:2018年11月11日)

問い合わせ 商業にぎわい課 電話番号225-2840

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。