ページID:P044008

厚木市と民間企業が災害協定を締結しました

最終更新日 2019年2月6日(水曜日)

印刷

非常時に市民の皆さんに安全な水を届けることを約束した小林市長と滝口専務取締役(左)
非常時に市民の皆さんに安全な水を届けることを約束した小林市長と滝口専務取締役(左)

災害時にも安全でおいしい水を

 災害時に市民の飲料水を確保するため、厚木市と株式会社プレシア(戸室5-32-1、花井秀年代表取締役社長)が、2月5日に「災害時における飲料水等の提供に関する協定」を締結しました。市役所(中町3-17-17)で開催した締結式に、小林常良市長と滝口勝寿専務取締役生産本部長が出席し、協定書を取り交わしました。

 協定は、地震などの災害により被災者が飲料水を十分に確保できない際に、同社が提供するものです。同社は昨年10月、戸室に本社工場を竣工し、敷地内に深井戸からくみ上げた地下水をろ過する災害用飲料水設備を設置しました。このため、緊急時でも安全な飲料水を確保・提供することが可能となっています。

 この日締結式で小林市長は「災害時、飲料水は生きるために最も大切なもの。今回このような大きなお力添えを頂き、大変ありがたい。厚木市民を代表して心からのお礼を申し上げたい」とあいさつ。滝口専務取締役は「工場を建設するに当たって、何か地域貢献はできないかと考えていた。こうして実際に形となって表せたことがうれしい。このような機会をいただけてとてもありがたい」と話していました。

 厚木市はこれまでに114の災害協定を締結。災害による下水道破損時の早期復旧や郵便による被災情報の迅速な伝達、長時間にわたる消火活動時のトイレ確保などに、民間事業者と協働で取り組みます。

 (公開日:2019年2月6日)

問い合わせ 危機管理課電話番号225-2190

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。