ページID:P044011

厚木市でドローン体験講習会を実施しました

最終更新日 2019年2月15日(金曜日)

印刷

参加者が実際にドローンの操縦を体験した
参加者が実際にドローンの操縦を体験した

ドローンで新たなビジネスを

 厚木市は2月5日、神奈川工科大学厚木市子ども科学館(厚木市中町1-1-3)で市内企業の関係者を対象に、「ドローン体験講習会」を開催しました。20人が参加し、ドローンに関する法律や操作方法などについて学びました。

 個人でも手軽に操作できるドローンは、空撮での利用を始め、農業や物流、測量など多岐に渡る活用が期待されています。講習会は、ドローンに関する正しい知識や技能を身に付けることで、業務の裾野を広げ、新たなビジネスを生み出すきっかけにしてもらおうと、初めて実施されました。講師は、市内を拠点にドローンの操縦に必要な知識や技術を学ぶ講習会などを開くJUIDA認定「厚木ドローンスクール」から招きました。

 講習会では、ドローンに関する法律や安全な操作方法の講義、プロパイロットによるデモフライト、ドローン操縦体験などを実施。参加者は、講義に真剣に耳を傾け、操作に四苦八苦しながらドローンの正しい知識と技術を学びました。

 参加した(株)弘陽電設代表取締役社長の井上拓さん(33)は「自社の事業にドローンを使用したいと思い、従業員と参加した。太陽光発電パネルのメンテナンスや電線を引くときの測量などで活用していきたい」、(株)ミトミ技研代表取締役社長の八木澤幸雄さん(69)は「ドローンには元々興味があり、知識などを学べる良い機会だったので参加した。初めて操縦したが、機体をコントロールするのが難しかった。これからビジネスに結び付けられないか可能性を探りたい」と期待をのぞかせていました。

 「さがみロボット産業特区」に指定されている厚木市は、平成29年3月にロボット産業の活性化を目指した「ロボット産業推進計画」を策定。ロボット製品の研究・開発などの支援を進めています。

 (公開日:2019年2月6日)

問い合わせ 産業振興課☎225-2831

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。