ページID:P044282

三矢八千代さんのフィットネス教室を開催しました

最終更新日 2019年3月7日(木曜日)

印刷

高齢者でも簡単にできる運動方法を指導
高齢者でも簡単にできる運動方法を指導

楽しく運動して、健康に

 日本初のエアロビクスインストラクターでフィットネス界の草分け的な存在として活躍する三矢八千代さんによるフィットネス教室が6日、荻野運動公園体育館(中荻野1500)で開催されました。会場には、地域や高齢者施設で運動指導をしている約80人が参加し、高齢者が楽しく体を動かせる方法を熱心に教わっていました。

 教室は、高齢者が生涯生き生きと健康で生活ができるよう、市と教育委員会が主催。平成27年に「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結した学校法人日本体育大学の協力を得て開催しました。健康寿命の延伸に効果が高い運動プログラムを高齢者施設に勤務する運動指導者などに活用してもらおうと、初心者でも簡単にできる指導法で有名な日本体育大学出身の三矢さんを講師に招きました。

 この日は、三矢さんの指導の下、「姿勢が悪くならない」「歩けなくならない」「外出が怖くならない」ようにするために、自分の体の状態を確認する運動からスタート。参加者たちは、イスに座った状態で片足立ちができるか、肩の可動域を確認するために手がどこまで背中側に回るかなどのチェック方法を熱心に学んでいました。その他にも、自宅でできる簡単な運動や音楽をかけて楽しみながら体を動かすリズム運動などを実践し、汗を流していました。

 市内の介護老人保健施設に務める豊島英子さん(48)は「入所者のレクリエーションの参考にしようと参加した。音楽に合わせて体を動かすリズム体操は、入所者の方も楽しみながら参加できるので実践したい」。スポーツクラブインストラクターや介護福祉士の資格を持つ神田真由美さん(38)は「そんなに激しい運動ではないが、体の可動域を広げる動きが随所に入っているので、高齢者の方に効果的。とても参考になった」と笑顔を浮かべていました。三矢さんは「いつまでも元気に過ごすために体を動かすことが大切だと知っていながら、運動が得意ではなく継続できない人が多い。皆さんには今日教えた運動を基に、その人に合った無理のない運動を提案してもらえれば」と話していました。

 市ではこの他にも、日本体育大学との連携事業でトップレベルの講義や実技指導を体験できる「スポーツキャンプイン日体大」を開催するなど、スポーツ人口の拡大とトップアスリートの輩出を目指しています。

(公開日:2019年3月7日)

 

問い合わせ スポーツ推進課 ☎225-2531

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。