ページID:P044354

第33回あつぎマラソンに約1000人が参加

最終更新日 2019年3月18日(月曜日)

印刷

真新しい競技場からスタートする選手たち
真新しい競技場からスタートする選手たち

荻野運動公園競技場リニューアル記念

 

 早春の厚木路で健脚を競う「あつぎマラソン」が17日、荻野運動公園競技場(中荻野1500)を発着点に実施されました。県内外から参加した約1000人のランナーが、この日リニューアルオープンを迎えた競技場から一斉にスタートし、10キロのコースを爽やかに駆け抜けました。

 あつぎマラソンは、厚木市と厚木市教育委員会が主催し今年で33回目。例年、10月に実施しているが、競技場の改修により今年は3月に開催しました。

 この日の開会式では、リニューアルを記念し小林常良市長らがテープカットを実施。小林市長は「今日は、この真新しい競技場をスタート・ゴールに走っていただける。練習の成果を出し切り、最後まで力いっぱい走ってほしい」とあいさつしました。スタート時間を迎えると、曽田髙治教育長のピストルを合図に、色とりどりのウエアを身に着けたランナーたちが勢いよく駆け出していきました。沿道では、力を振り絞って走るランナーに声援を送る市民らの姿が見られました。

 29歳以下男子の部で優勝したのは、開会式で選手宣誓を務めた安倍立矩さん(16・厚木市)。安倍さんは「リニューアル記念の大会で、親子で選手宣誓ができていい思い出になった。優勝はできたけれど、タイムは満足していない。これからトラックでのレースも始まるので、もっと活躍できるように力を付けていきたい」と、すがすがしい表情で話しました。

 荻野運動公園競技場は昨年5月から改修を実施。走路をクッション性の高い素材に張り替え、芝生の盛り上がりも解消しました。スタジアムは、手すりの設置や、客席・トイレのバリアフリー化など、より誰もが楽しめる施設に生まれ変わりました。

(公開日:2019年3月18日)

問い合わせ スポーツ推進課☎225-2531

競技場の改修については、公園緑地課☎225-2411

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。