ページID:P044407

市と建築団体が災害協定を締結

最終更新日 2019年3月22日(金曜日)

印刷

災害発生時に、協会に所属する28社の民間判定士に被災状況の確認の依頼が可能に
災害発生時に、協会に所属する28社の民間判定士に被災状況の確認の依頼が可能に

被災建物の二次被害を防ぐ

 

 市と(一社)神奈川県建築士事務所協会厚木支部(飯山4744-1、内藤照永支部長)は18日、「災害時等における応急対策活動の協力に関する協定」を締結しました。市役所(中町3-17-17)で開催した締結式では、小林常良市長と内藤支部長が協定書を取り交わしました。

 協定は、大規模な災害が起きたとき、建物の倒壊の危険性などを判定して二次災害を防ぐことが目的。協会に所属する28社の民間判定士が建物の確認を支援することで、住民に速やかに被災状況を伝え、安全の確保につなげます。

 この日、締結式で小林市長は「住んでいる方にいち早く建物の危険性を知らせるのは大変重要。協定はとても心強く、市民の皆さんにも安心を与えられる」とあいさつ。内藤支部長は「万が一災害が起きてもすぐに行動に移せるように、日頃から勉強会などを通じて、市の皆さんと連携を深め体制を整えていきたい」と話していました。

 市はこれまでに119に及ぶ災害協定を締結。避難生活に必要な食糧や飲料水の確保をはじめ、郵便による被災情報の伝達、下水道破損時の早期復旧など、多岐にわたる内容となっています。

(公開日:2019年3月19日)

問い合わせ 危機管理課☎225-2190

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。