ページID:P044553

恩曽川に地域住民がこいのぼりを設置

最終更新日 2019年4月7日(日曜日)

印刷

風にたなびく色とりどりのこいのぼり
風にたなびく色とりどりのこいのぼり

約300匹が川の上をスイスイ

 

 厚木市を流れる恩曽川に6日、地域の住民らがこいのぼり約300匹を設置しました。河川の清掃などに取り組む「恩曽川をきれいにする会」(会員数140人、関口正昭会長)の会員約40人が、地蔵橋親水広場(温水614付近)から下流方向約400メートルにわたり、市民から寄付された色とりどりのこいのぼりを掲げました。設置は5月6日まで。

 こいのぼりの設置は、「南毛利地区鯉のぼりまつり」と称し6年前に開始。家庭で使わなくなったこいのぼりを活用し、地域の活性化につなげようと毎年実施しています。公民館の広報紙などを使って寄付を募り年々設置数を増やし、地域の新たな名所として多くの家族連れなどが訪れています。今年は、新たに約50匹のこいのぼりが寄せられました。

 この日、会員たちは川に沿って掲揚のための単管パイプと竹を設置。パイプは、雨や強風などの時、すぐに折りたためるよう工夫が施されています。設置を終えると、色や大きさを見ながらこいのぼりを仕分け、次々と手際よく掲げていきました。作業中は、「今年も始まったね」「大きなこいのぼりがたくさんある」などと、様子を見守る地域住民の姿が見られました。

 作業を終えた会長の関口さん(77・温水)は「今回は、遠くからでも見えるように少し高い位置に設置した。親水広場付近は、触れる高さの物もある。たくさんの皆さんに楽しんでもらえたらうれしい」と話しました。南毛利公民館館長の小瀬村泰久さん(79・温水)は「こうした活動を通じて、見る人も、設置する人も、つながりを持つきっかけになる。みんな仲が良く、より明るい地域にしていきたい」と力を込めました。

 南毛利公民館は1月、住民と連携し地域の特色を生かした事業を展開していることが評価され、神奈川県優良公民館表彰を受けています。

(公開日:2019年4月7日)

 問い合わせ 南毛利公民館☎248-4309

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。