ページID:P044856

新入社員向けの防災体験研修会を開催しました

最終更新日 2019年4月27日(土曜日)

印刷

水消火器で火の消し方を学ぶ新入社員
水消火器で火の消し方を学ぶ新入社員

必ず起こる「もしも」に備えて 

 厚木市・清川村の事業所の新入社員などが防災に関する知識を学ぶ防災体験研修会が26日に、睦合分署(三田1475-1)で開催されました。平成30・31年度に採用された新入社員111人が、心肺蘇生法や消火器の使い方などを学び、防火・防災への意識を高めました。

 研修会は、市消防本部が主催。新入社員が災害時に救護活動などの担い手となることを目的に、毎年実施しています。

 この日は、2班に分かれて研修がスタート。屋内消火栓や訓練用の水消火器を使った消火訓練をはじめ、起震車での地震体験や煙から身を守るための煙体験で実際の災害や火災をシミュレーションした他、人体模型を使って心肺蘇生法やAEDの使い方などの救命処置の手順を学びました。参加者は、慣れない器具の取り扱いに苦戦しながらも、真剣な面持ちで研修に当たっていました。参加した加藤さん(34・三田)は「半年以上前に同じ講習を受けたが、いくつか忘れかけている手順があり、定期的に受講することの大切さを改めて実感した。周りの人が危険にさらされる時が来たら、学んだことをぜひ役立てたい」と話していました。研修で講師を務めた消防職の池田幸平さん(47)は「今回の研修で習得した知識や技術などを事業所に持ち帰り、火災や災害が起きた際、ぜひ被害の軽減に役立てていただきたい」と力を込めていました。

 市消防本部は4月、大規模災害時に消防活動の拠点となる機能を備えた「拠点機能形成車」を導入した他、地域防災計画を3年ぶりに改定するなど、防災に強いまちづくりを進めています。

(公開日:2019年4月27日) 

問い合わせ 予防課 電話番号223-9370

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。