ページID:P044888

若宮公園で「鯉のぼりまつり」を開催しました

最終更新日 2019年5月4日(土曜日)

印刷

こいのぼりが泳ぐ中、太鼓演奏などが披露された
こいのぼりが泳ぐ中、太鼓演奏などが披露された
若宮公園には約250匹のこいのぼりが飾られている
若宮公園には約250匹のこいのぼりが飾られている

子どもたちの健やかな成長を願って

 5月5日の「こどもの日」を間近に控えた3日、「森の里鯉のぼりまつり」が厚木市の若宮公園(厚木市森の里1-38-39)で開催されました。色とりどりのこいのぼり約250匹が飾られた会場では、地元の小・中学校の児童・生徒による演奏の披露やゲーム大会などが実施され、来場者を楽しませていました。こいのぼりの掲揚は5日まで。  

 祭りは、森の里地区5つの自治会でつくる「森の里地区自治会連絡協議会」が主催。住民同士の交流や子どもたちの健やかな成長を願う目的で始まり、今年で31回目を迎えました。会場内に掲げられているこいのぼりは、市民などからの寄贈により集められたもの。4月13日に「森の里鯉のぼりまつり世話人会」のメンバーらが約6時間かけて設置しました。

 この日の祭りは、森の里中学校吹奏楽部の軽快な演奏を合図にスタート。地元の小・中学校や高校、大学の児童・生徒・学生らが演奏やダンスを披露しました。ものづくり体験コーナーや中学生によるゲーム大会では、楽しそうに参加する子どもたちの姿が見られました。

 家族で遊びに来ていた井上美枝子さん(40・七沢)は「毎年、子どもたちが大判かるた取りなどのゲーム大会を楽しみにしている。今年は天気が良いので、青空を泳ぐこいのぼりを見ることができてうれしい」と声を弾ませていました。

 祭りの運営に当たる同世話人会の藺藤全孝会長は、「地元の企業や職人さんの協力もあり、31回目を迎えることができた。これからもこの祭りを継続していき、地域の住民や出身者が集まるきっかけにしたい」と地域を盛り上げる思いを語りました。

 森の里地区では、8月には「夏まつり」、12月には「クリスマスまつり」など、地域の交流イベントを計画しています。

(公開日:2019年5月4日)

  

森の里地区市民センター ☎250-5262

 

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。