ページID:P045128

相模川の清掃イベントを開催しました

最終更新日 2019年5月27日(月曜日)

印刷

家族連れや企業の従業員などが清掃活動に参加
家族連れや企業の従業員などが清掃活動に参加

ふるさとの川をきれいに

 

 相模川の美しい環境を守ろうと厚木市で5月26日、「第10回県央相模川サミット六市町村合同クリーンキャンペーン」が開催されました。会場となった相模川・中津川・小鮎川の三川合流点と旭町スポーツ広場では、市民や企業の従業員など約2500人が参加し、清掃活動に汗を流しました。

 キャンペーンは、「川でつながるわたしたちのまち」をキャッチフレーズに、県央地区の相模川流域6市町村(相模原市、厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村)が合同で開催。平成22年から開催され、今年で10回目を迎えました。厚木市を皮切りに10月までそれぞれの地域で順次実施していきます。

 同日、開会に先立ち小林常良市長は「アユ釣り解禁や鮎まつりなど水辺周辺の利用が増える季節。美しい相模川を未来に引き継ぐため、自分たちの手で川をきれいにする意識を高めましょう」と呼び掛けました。その後、軍手をはめビニール袋を持った参加者が約1時間かけて空き缶やペットボトル、ガラスなどを回収しました。

 キャンペーンではこの他、厚木観光漁業協同組合と相模川第二漁業協同組合によるアユの稚魚の放流も実施し、清掃に参加した家族連れなどが、約1万匹を川に放しました。

 家族で参加した吉田千恵美さん(36・松枝)は「相模川周辺は自然が豊かで、よく子どもと遊びに来たり散歩したりしている。いつまでも綺麗で過ごしやすい場所で在り続けられるよう、美化活動などを皆で協力して進めていくのは必要なことだと思う」と話していました。

 県央相模川サミットは、相模川流域の周辺自治体が抱える問題や課題の解決策を話し合おうと、平成21年度から厚木市の提案で開催。相模川流域の観光政策や環境対策、広域での防災対策などを議論しています。

 (公開日:2019年5月27日)

問い合わせ 河川ふれあい課☎046-225-2381

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。