ページID:P045247

あやめ祭り実行委員会が副市長にハナショウブを贈呈しました

最終更新日 2019年6月6日(木曜日)

印刷

見ごろを迎えたハナショウブを贈呈
見ごろを迎えたハナショウブを贈呈

週末は「あやめ祭り」を楽しんで

 

 飯山で6月9日に開かれる「あつぎ飯山あやめ祭り」をPRしようと6月5日、同祭り実行委員会の高橋米雄実行委員長ら4人が市役所を訪れ、松本徳彦副市長にハナショウブを贈りました。松本副市長は「日々の手入れなど苦労も多い中、こんなに素敵なハナショウブを育てていただき感謝している。見ごろを迎えた花々が、祭りをより一層盛り上げてくれる様子が目に浮かぶ」と謝意を述べ、週末の祭りに期待を込めました。

 同日副市長を訪ねたのは、高橋実行委員長の他、同実行委員会の川田好美さん、小島正實さん、伊藤桂さんの4人。催しの会場となる飯山あやめの里(飯山1210付近)のハナショウブの開花状況を伝えた他、祭りの見どころとなる地元の伝統芸能「飯山白龍太鼓」や温泉芸妓衆による「花見踊り」などのステージイベントをPRしました。花を育ててきた伊藤さんは「今年は祭りの時期にちょうど見ごろを迎えるので、地域の皆さんはもちろん、たくさんの人に花と祭りを楽しんでもらえたら」と話していました。

 催しは、花を育てる飯山あやめ会や地元小鮎地区の自治会などで組織する実行委員会が主催し、今年で25回目。自然豊かで温泉もある同地域の観光振興と活性化を目指して開催しています。同所は「かながわ花の名所100選」にも選ばれ、5千平方メートルほどの休耕田に咲く紫、ピンク、黄色などに色づいた20種類、約3千株のハナショウブが、訪れた人々の目を楽しませています。

 会場へは、小田急線本厚木駅北口のバス5番乗り場から、上飯山、宮ケ瀬、宮の里行きバスに約20分乗車、小鮎久保バス停下車徒歩5分。祭りは9日の10時から15時まで開催しています。

 (公開日:2019年6月6日)

問い合わせ 観光振興課☎046-225-2820

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。