ページID:P045663

安心・安全セーフコミュニティ推進地区指定式を開催しました

最終更新日 2019年7月18日(木曜日)

印刷

地区の代表一人一人に市長から指定書が手渡された
地区の代表一人一人に市長から指定書が手渡された

犯罪に強いまちに

 世界保健機関(WHO)が推奨するセーフコミュニティ(SC)の認証都市である厚木市は7月17日、厚木商工会議所(同市栄町1-16-15)で「安心・安全セーフコミュニティ推進地区」の指定式を実施しました。指定を受けた17地区の代表者は、地域の安心安全に向け決意を新たにしました。

 指定式は、地域での防犯活動を強化しようと自治会関係者などでつくる「安心安全なまち会議連絡会」と市が主催し、毎年開催しています。指定を受けた地区は、防犯パトロールや防犯教室の開催、危険箇所マップの作成などに取り組んでいきます。同日は、17地区の代表者に小林市長から指定書が、清水昭人厚木警察署長から「安心・安全」と書かれた推進地区のプレートがそれぞれ手渡されました。

 小林市長はあいさつで「安心・安全なまちをつくるためには、地域の皆さんの協力が何よりも欠かせない。これからも活動を発展させていくために、より多くの人に取り組みを広げていきたい」。清水署長は「皆さんの協力もあり、事故や犯罪、110番通報の件数は減ってきている。さらに安心・安全を強化するためにも引き続き協力をお願いしたい」と力を込めていました。

 指定を受けた愛甲石田駅周辺地区の竹内輝明さんは「身近な活動を積極的に展開し、誰もが安心安全に暮らせるまちづくりを推進する」と力強く宣言しました。

 同日はその後、「最近の犯罪情勢とその防犯対策について」をテーマに厚木警察署生活安全第一課巡査部長の西村幸伸さんが講演。防犯パトロールの効果や増えている振り込め詐欺への対応策などを解説しました。

 市では、平成20年4月からSCの認証取得に向けた活動を開始。自治会や学校関係団体などが地域の安心・安全活動を実践し、22年11月に認証を取得しました。昨年11月には、市内で「アジア地域セーフコミュニティ会議厚木大会」を国内で初めて開催しています。

(公開日:2019年7月18日)

 

問い合わせ セーフコミュニティくらし安全課 046-225-2148

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。