ページID:P045818

関東・全国大会出場の生徒が教育長を訪問しました

最終更新日 2019年8月2日(金曜日)

印刷

関東・全国大会出場の意気込みを語った生徒たち
関東・全国大会出場の意気込みを語った生徒たち

大舞台に挑む中学生を激励

 県の体育大会を勝ち抜き、関東・全国大会に出場する厚木市立中学校の生徒38人が、8月1日に厚木市役所(中町3-16-1)を訪れ、教育委員会の曽田髙治教育長に意気込みを語りました。

 関東大会には、小鮎中学校の水泳(個人・女子)、玉川中学校のソフトテニス(女子)、依知中学校(男子)と藤塚中学校(男女)の卓球、南毛利中学校のバレーボールの各部・個人が出場。全国大会には、睦合東中学校の水泳部(個人・女子)、荻野中学校の陸上部(個人・男子)が出場します。

 この日は最初に、各校の校長や顧問の教員などが県大会の戦いぶりや経過を報告。続いて、生徒たちが県大会の結果に対する喜びや出場する大会への抱負を語りました。

 無敗で県大会優勝を飾った藤塚中学校卓球部の菅さん(3年)は「関東大会の団体戦では、仲間と協力し合って勝ち抜き、全国大会出場を目標に頑張りたい」。陸上200メートルで全国大会に出場する荻野中学校の小笠原伊織さん(3年)は「全国大会に出場できてびっくりしたが、けがをしないよう油断せずに練習し、本番ではベストを尽くしたい」。同じく、水泳競技の全国大会に挑む睦合東中学校の安立さん(3年)は「昨年は全国大会に届かず悔しい思いをしたので、全国への切符を獲得できてとてもうれしかった。大会では表彰台や決勝進出を目指したい」などと意気込みを話していました。

 曽田教育長は「この素晴らしい結果は、皆さんの努力はもちろん、指導してくれた顧問の先生や支えてくれた保護者、応援してくれた仲間などがいてこそ出せたもの。周りの人の気持ちを受け止めながら、今まで以上に高い目標を持ち、悔いが残らないよう力を尽くしてほしい」とあいさつし、激励のエールを送りました。

問い合わせ 教育指導課 電話番号225ー2675

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。