ページID:P045881

全日本硬式空手道選手権大会入賞者が小林市長を表敬しました

最終更新日 2019年8月9日(金曜日)

印刷

世界大会への意気込みを語った荒井選手
世界大会への意気込みを語った荒井選手

世界王者を目指して

 7月に東京都で開催された「第35回全日本硬式空手道選手権大会」で入賞をした選手が、8月8日に厚木市役所(中町3-17-17)を訪れ、小林常良市長を表敬しました。

 大会は、全国の予選を勝ち抜いた492人が出場。荒井幸太郎選手(12・みはる野)が中学1年生の部で、堀内統以(とうい)選手(19・下依知)が一般有段中量級の部でそれぞれ第3位に入賞し、世界大会出場の切符を手にしました。

 この日は、荒井選手が厚木市役所を訪問。小林市長は「世界大会は日本の代表としての出場となる。初志貫徹で大会に臨んでほしい。活躍を期待している」と激励。曽田髙治教育長は「今回の入賞は、本人たちの才能だけでなく日々の努力のたまもの。これからも厳しい鍛錬に負けることなく、世界の頂点を目指してほしい」と二人のさらなる活躍に期待を寄せていました。荒井選手は「1位を目指していたので、今回の3位という結果は正直悔しい気持ちが大きい。練習の成果を出し切れなかった部分もあるので、世界大会では自分ができる全てを出し切り、今度こそ1位になりたい」と、世界大会への意気込みを語りました。

 両選手が出場する「第2回世界硬式空手道選手権大会」は、来年秋に東京武道館で開催される予定です。

(公開日:2019年8月9日)

 

問い合わせ スポーツ推進課 電話番号225-2531

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。