ページID:P046450

厚木市と日産自動車株式会社が災害協定を締結しました

最終更新日 2019年10月11日(金曜日)

印刷

協定を結んだ小林市長と中畔執行役副社長(右から2番目)ら
協定を結んだ小林市長と中畔執行役副社長(右から2番目)ら

電気自動車で被災者を支援

 大規模災害時に電気自動車の電力を用いて避難者を支援するため、厚木市と日産自動車株式会社(横浜市、山内康裕代表執行役)が10月10日に、「災害時における電気自動車からの電力供給等の協力に関する協定」を締結しました。厚木市役所(中町3-17-17)で開催した締結式には、小林常良市長と中畔邦雄執行役副社長らが出席し、協定書を取り交わしました。

 協定は、先月発生した台風15号による千葉県での大規模停電被害などを受け締結。日産自動車株式会社の電気自動車を災害時に厚木市に貸与し、避難所などで電力供給に活用する他、残電力量の不足時には、充電スタンドの利用を認めるものです。

 この日、締結式で小林市長は「災害時の電力確保は、市民の皆さんの生活を支えるための大きな課題だった。今回、日産自動車に快くご協力をいただけたこと、大変感謝している。これからも市と日産自動車や販売店の皆さん一丸となって、市民の皆さんの安心・安全につながる取り組みをしていきたい」とあいさつ。中畔執行役副社長は「今回の協定の他にも、今後有事の際には日産の従業員も協力できる制度を作っていきたい。厚木市とタッグを組んで環境に優しく、災害に強いまちづくりを進めていきたい」と述べていました。

 厚木市と日産自動車株式会社は、平成25年に「グリーンモビリティ・プロジェクト協定」を締結。電気自動車を活用したモデル事業の実施や充電インフラの整備促進に取り組むなど、連携して電気自動車普及促進に努めています。9月に実施した市の総合防災訓練では、日産自動車株式会社製の電気自動車による電力供給訓練を実施しました。

(公開日:2019年10月11日)

問い合わせ 危機管理課 電話225-2190

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。