ページID:P046481

ニュージーランド車いすラグビー協会とキャンプ基本合意書を調印

最終更新日 2019年10月15日(火曜日)

印刷

選手に見守られながら合意書を取り交わした
選手に見守られながら合意書を取り交わした

東京2020パラリンピックに向けて

 

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けニュージーランド(NZ)のホストタウンに登録している厚木市は11日、NZ車いすラグビー協会と事前キャンプに関する基本合意書を取り交わしました。レンブラントホテル厚木(中町2-13-1)で開催した調印式では、小林常良市長とNZ代表チームマネジャーのサーシャ・ライトさんが合意書に署名しました。

 NZ代表チームは、9月の「2019IWRF車いすラグビーアジア・オセアニア選手権大会」で3位となり、東京2020パラリンピックの出場権を獲得しました。NZ車いすラグビー協会は、昨年の9月に厚木市を訪問し、練習環境や滞在場所などを視察。厚木市の小学生を対象に車いすラグビー体験教室なども実施していました。

 この日の調印式で小林市長は「皆さまをお迎えし合意書に調印できたことは、この上ない喜び。パラスポーツの普及と心のバリアフリーを推進していきたい。NZとの交流がさらに進んでいくことを期待している」とあいさつ。キャプテンのコーディー・エヴァーソン選手は「皆さんの温かな歓迎に感謝している。東京2020パラリンピックへの出場が決まり、気持ちが高まっている。また厚木市に来て交流するのが楽しみ」と述べました。

 調印式に先駆け代表チームは、市立相川小学校(岡田5-10-1、高橋健一校長)で、車いすラグビー体験教室を実施。1・2・3年生104人と、競技用車いすを使ったリレーや、タックル体験などで交流しました。

 厚木市は、東京五輪・パラリンピックに向け、2016年にNZのホストタウンとして登録。今年2月にNZバスケットボール協会、4月にはゴルフ協会と事前キャンプに関する基本合意書を取り交わしています。

(公開日:2019年10月15日)

問い合わせ 企画政策課☎046-225-2451

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。