ページID:P046679

厚木中央公園で「あつぎミュージックフェスティバル」を開催しました

最終更新日 2019年11月4日(月曜日)

印刷

メジャーデビューを果たした高橋さんのステージ
メジャーデビューを果たした高橋さんのステージ

豪華アーティストに熱狂

 有名アーティストが出演する「第6回あつぎミュージックフェスティバル」が11月3日、厚木中央公園(同市寿町3-424-1)で開催されました。初めての野外開催となった同会場には、満員の4千人が集まり、出演者らのパフォーマンスに酔いしれていました。

 イベントは、音楽活動に夢を抱く若者を応援するとともに、音楽でまちを活性化しようと同市と同市文化振興財団が主催。次世代で活躍が見込まれる歌手やバンドを発掘するオーディションと合わせて、大賞受賞者がメジャーデビューできる舞台として毎年開催しています。6回目の開催となった今回は、過去の動員状況などの実績から、同市文化会館(恩名1-9-20)から会場を移し、定員の上限を約3千人増やしての開催となりました。

 同日のコンサートは、タレントのJOYさんとアントニーさん、モデルの加治ひとみさんの3人が司会を務め進行。オープニングでは、8月に開催された同市の新人シンガー発掘オーディションで大賞を受賞した髙橋亜沙さんが、デビュー曲の「残像」を披露し、会場を盛り上げました。続いて、同市内在住でイベントのアンバサダーを務めるSALUさんをはじめ、加治ひとみさん、HAN-KUN(湘南乃風)さん、SKY-HI(AAA)さん、EXILESHOKICHIさん、AK-69さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、りんごちゃんさん、木梨憲武さんといった出演者たちが、次々と美しい歌声や迫力あるパフォーマンスを披露。5時間にわたる多彩なステージに、会場は大きな熱気に包まれました。

 コンサートに友人と来場した佐藤清美さん(28・旭町)は「地元で有名アーティストのステージが見られるということで、この日を楽しみにしていた。野外での開催は解放感があってとても楽しかった。来てくれたアーティストの皆さんも、厚木の話題をたくさん話してくれてうれしかった」と満足そうに話していました。

 この他にも同日は、コンサートのトリを務めた木梨さんが、公演前に著作の絵本「きもちのて」20冊を同市に寄附。親と子が一緒に読んで楽しめる同書籍を、小林常良市長に手渡しました。木梨さんは「厚木の子どもたちが絵本を通して家族や友だちとコミュニケーションを深める手助けができれば」と話していました。同書籍は、同市立中央図書館の所蔵資料として貸し出していく予定です。

(公開日:2019年11月4日)

問い合わせ 文化生涯学習課 電話番号046-225-2508

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。