ページID:P046744

にぎわい爆発!あつぎ国際大道芸2019が開幕しました

最終更新日 2019年11月10日(日曜日)

印刷

本厚木駅前もステージに一変。歓声の渦に包まれた
本厚木駅前もステージに一変。歓声の渦に包まれた

街中が劇場に様変わり

 神奈川県内最大規模の大道芸イベント「にぎわい爆発!あつぎ国際大道芸2019」が、11月9日に小田急線本厚木駅周辺で開幕しました。会場には約7万5千人の来場者が訪れ、目の前で繰り広げられる圧巻のパフォーマンスに歓声を上げていました。10日まで。

 イベントは、市内外から多くの来街者を招き、街中のにぎわいを創出することを目的に、厚木市が毎年実施。今年で12回目となります。駅周辺の公共施設や公園など、街全体を会場とすることで、商店などへの来客を誘致する狙いもあります。

 この日は、日本やフランス、イングランド、中国のパフォーマー41組が集結し、街中に設置した13カ所の演技会場でジャグリングやパントマイムなどを披露。この他、駅周辺では、厚木市の名産「とん漬」を使った「とん漬焼きそば」や「鮎の塩焼き」、地ビールなどが味わえる「あつぎグルメフェア」をはじめ、厚木中央公園(寿町3-2-424-1)で、市内外の物産を集めた「まち元気物産フェア」、ものづくり体験を楽しめる「あつぎ技能祭」「厚木商工会議所女性会 猿まわし&工作教室」が実施され、来場者を楽しませました。厚木サンパーク(中町1-5)では、大道芸の体験やフェースペイント、似顔絵が楽しめる「スーパーキッズランド」、駅南口では飲食店が集う「南口ホコ天まつり」も同時開催。さらに、駅東口地下道では、ライブペインティングや手作り製品の販売などを楽しめる「CHiKa(チカ)フェス」が開かれ、まち全体がにぎわいを見せていました。17時からは、厚木公園(中町3-7)で、全パフォーマーがステージに登場する「夜会」を開催。イベント初日の夜を盛り上げました。

 家族と訪れていた西美香さん(39・戸室)は「子どもと一緒に楽しめるので毎年家族と来ている。一日でいろんな芸人さんをたくさん見られるのが良い」と笑顔を浮かべていました。松田町から訪れた村上聡明(としあき)さん(31)は「大道芸はやっぱり生で見るのが一番楽しい。芸人さん同士のプロレス芸に興奮した」とイベントを楽しんでいました。

 11月10日は、11時から各所でパフォーマンスがスタート。17時からは厚木公園で2日間を締めくくる「大夜会」が盛大に開かれる他、厚木市役所駐車場(中町3-17-17)で消防団の仕事を体験できる「あつぎ消防団ふれあい広場」が開催されます。

(公開日:2019年11月10日)

問い合わせ

商業にぎわい課 電話番号225-2834

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。