ページID:P046860

新・総合計画策定に向け大学生ワークショップを実施しました

最終更新日 2019年11月24日(日曜日)

印刷

出された意見を発表できる内容にまとめていく
出された意見を発表できる内容にまとめていく

若い世代の声でより良いまちに

 2021年度に始まる新たな総合計画の策定に向け厚木市は22日、市役所(中町3-17-17)で大学生によるワークショップを実施しました。市内在住在学の大学生14人が3グループに分かれ、思い描くまちの未来を話し合い発表しました。

 ワークショップは、21年度から12年間のまちづくりの方向性を定める「第10次厚木市総合計画」の策定に向け実施。将来を担う若い世代の思いを総合計画に生かすため、市民や市内の大学に通う学生から参加者を募りました。

 この日は、「32年の理想的なまちの姿」「32年までの社会動向を踏まえ、改めて理想的なまちの姿を考える」「理想的なまちの姿を実現するための策を考える」の三つのテーマを設定。出された意見を付箋に書いて模造紙に貼り、グループごとにまとめていきました。発表では「地域活動を活発にするために、高齢者と若者の触れ合いの場をつくる。参加者にはポイントを付与して、協賛企業から商品を提供してもらう」「交通の利便性を高めるために、市でシャトルバスやカーシェアリング、レンタサイクルを導入する」などのアイデアが出されました。

 参加した古郡早桜さん(20・旭町)は「市役所の仕事に興味があり、インターネットでワークショップの情報を見つけて申し込んだ。参加者の皆さんと話している中で、厚木市の良いところ、もっと改善できそうなところなど新しい発見があって楽しかった。また機会があったら参加したい」と話しました。

 厚木市ではこれまで、中学・高校生や子育て世代などによるワークショップを開催。今後も地区別意見交換会を実施するなど、市民の意見を取り入れながら新たな計画の策定を進めていきます。

 (公開日:2019年11月24日)

問い合わせ 企画政策課☎046-225-2455

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。