ページID:P047052

飲酒運転追放夜間街頭監視活動を実施しました

最終更新日 2019年12月17日(火曜日)

印刷

啓発物品を配り交通事故防止を呼び掛けた
啓発物品を配り交通事故防止を呼び掛けた

飲酒運転をゼロに

  飲酒の機会が増える忘年会シーズンを迎え、飲酒運転などの交通事故を防ごうと厚木市で16日、夜間街頭監視活動が実施されました。交通安全指導員や交通安全母の会の会員が通行人にチラシや啓発物品を手渡し、飲酒運転の防止を訴えました。活動は、市内の主要路線15カ所で、18日(各日とも16時から20時まで)までの3日間開催されます。
 
 

 街頭監視は、年末の交通事故防止運動実施期間(12月11日から20日まで)に合わせ、厚木市と厚木市交通安全対策協議会、厚木警察署、交通安全協会などが協力し、毎年実施しています。実施地点に置かれた監視所にのぼり旗や赤色灯を設置し、飲酒運転の追放や交通事故防止を呼び掛けました。今年は特に、スマホなどの「ながら運転」への注意喚起に力が注がれました。

 この日、厚木北地区では交通量の多い厚木東町郵便局前に監視所を設置。参加者らは交差点を渡る歩行者や自転車を誘導したり、「安全運転を」と呼び掛けながら啓発物品を手渡したりしていました。

 活動に参加した市交通安全指導員協議会厚木北地区支部長の柳田光太郎さん(59)は「飲酒運転の件数は減っているがゼロではない。飲酒運転やながら運転がゼロになるよう呼び掛けていきたい。どんな事故も人の心から。注意喚起により、運転をする人が少しでも気持ちを引き締めてくれたら」と話していました。

 厚木市では今年、12月15日時点で810件の交通事故が発生し、6人が命を落としています。

(公開日:12月17日)

問い合わせ 交通安全課 電話225-2760     

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。