ページID:P047137

広島東洋カープ・田中広輔選手が市長を表敬

最終更新日 2019年12月27日(金曜日)

印刷

「市民の皆さんにプレーしている姿を見せたい」と語った田中選手(中央)
「市民の皆さんにプレーしている姿を見せたい」と語った田中選手(中央)

新選手会長として活躍を誓う

 

 プロ野球・広島東洋カープの田中広輔選手(30)が26日、出身地である厚木市の市役所(中町3-17-17)を訪れ小林常良市長に来季の活躍を誓いました。

 田中選手は、2013年のプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから3位指名を受け入団。15年から遊撃手としてレギュラーに定着し、リーグ優勝にも貢献してきました。19年シーズンは、右膝のけがにより97試合の出場にとどまったものの、来シーズンは選手会長への就任が決まっています。

 この日、田中選手は「けがも治って、今は例年通りのトレーニングをしている。市民の皆さんにはいつも応援をいただいている。来シーズンは、最後までグラウンドに立って、プレーしている姿を見てもらえるようにしたい」と意気込みを語りました。

 小林市長は「今シーズンはけががあり、苦労されたと思う。来シーズンはまた、気持ちを切り替えて活躍していただきたい。厚木市民みんなで応援している」と激励しました。

 読売ジャイアンツで活躍する田中俊太選手(26)は、田中広輔選手の弟。19年シーズンの開幕戦では、プロ野球史上初となる兄弟スタメン出場を果たしました。

 厚木市では、市の公共施設や本厚木駅前東口地下道にポスターなどを掲示し、二人の活躍を後押ししています。

(公開日:2019年12月27日)

 問い合わせ 秘書課☎225-2006

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。