ページID:P047223

厚木風雑煮を給食で提供

最終更新日 2020年1月12日(日曜日)

印刷

ふるさとの味に笑顔がこぼれる
ふるさとの味に笑顔がこぼれる

地域で親しまれてきた味に舌鼓

 郷土料理を味わい、地域に愛着を持ってもらおうと厚木市教育委員会(曽田髙治教育長)は9日に、同市立飯山小学校(飯山4400、奥脇章好校長、児童数197人)で厚木風の雑煮を提供しました。子どもたちは、料理の特徴を学び、ふるさとに伝わる味に舌鼓を打っていました。 

 厚木風雑煮は、和風だしに鶏肉とサトイモ、ダイコン、小松菜を具材としたしょうゆ味が一般的で、青のりとかつお節をかけることが大きな特徴。給食では、餅の代わりに白玉を使用しました。24日までに市立小・中学校全36校で提供します。

 この日、同校では2年生が育てたダイコンを取り入れた雑煮が提供されました。配膳が終わると担任の教員が「厚木風」の特徴を説明。児童たちは「いただきます」の合図とともに雑煮に手を伸ばし、ダイコンや白玉を口いっぱいに頬張っていました。

 2年生の児童たちは「家のお雑煮とは見た目が違ったけど、味は似ていた」「青のりとかつお節をかけるのが厚木風とは知らなかった」「自分たちで育てたダイコンがやわらかくてとてもおいしかった」などと、笑顔で話していた。

 市教育委員会は、豚のみそ漬けや月見汁、「カミナリダンゴ」などの郷土料理を学校給食で提供。正しい食生活を身に付ける食育に加え、給食を厚木の食文化や伝統を学ぶ機会とし、ふるさとへの愛着を育む取り組みを進めている。

問い合わせ 学校給食課 電話番号225-2669

(公開日:2020年1月12日) 

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。