ページID:P047554

厚木市出身のプロサッカー選手・永里源気さんが小学校で特別授業を実施しました

最終更新日 2020年2月19日(水曜日)

印刷

教室で子どもたちに体験談を伝える永里選手
教室で子どもたちに体験談を伝える永里選手

諦めない努力が夢をかなえる

 厚木市出身ではやぶさイレブン(神奈川県社会人リーグサッカーリーグ)所属のプロサッカー選手・永里源気さんが2月18日、母校の同市立鳶尾小学校(鳶尾2-12-1、竹本悟校長、全校児童数318人)で特別授業を実施しました。永里選手は同校の6年生47人に向けて、夢を持ち努力する大切さを語りました。

 授業は、6年生の総合的な学習の時間の授業の一環として実施。プロサッカー選手になるという目標を達成した永里選手の体験から、卒業を控えた児童たちの夢の実現を応援しようと、同校が企画しました。

 同日は、校庭での簡単な運動からスタート。子どもたちは永里選手の指導の下、課題をクリアするために必要なことを考えながら、真剣に取り組んでいました。続いて教室では、永里選手がプロサッカー選手を目指したきっかけや苦労したこと、心掛けていることなどを講演。諦めずに努力することや、やるべきことを考え続けることの大切さを語りました。講演後、永里選手は児童らと共に給食を食べ、親睦を深めていました。

 授業を受けた板倉心羽さんは「おはなしがとても分かりやすく、一緒にやった運動も楽しかった。私も夢や目標に向かって、毎日を一生懸命頑張ろうと思った」と目を輝かせていました。永里選手は「夢を達成するためには、自然と目標ができる。目標を達成しようと努力すると、自分の現状や新しい課題が見えてくる。どうすればクリアできるか常に考えながら、諦めずに一つずつ着実に前に進んでもらいたい」と児童らの将来に期待を寄せていました。

 永里選手は3人きょうだいの長男で、プロサッカー選手の永里優季さん(シカゴ・レッドスターズ)と元プロサッカー選手の亜紗乃さん(芸能プロダクション・株式会社ベンヌ)を妹に持ちます。過去には永里優季選手も同市の小学校で講演するなど、子どもたちの教育支援に力を入れています。

(公開日:2020年2月19日)

 

問い合わせ 厚木市立鳶尾小学校 電話番号046-241-7312

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。