ページID:P047574

依知小学校の5年生がプログラミングを体験

最終更新日 2020年2月20日(木曜日)

印刷

ロボットを思い通り動かすために意見を出し合う児童たち
ロボットを思い通り動かすために意見を出し合う児童たち

楽しみながら理科への関心を高める

 

 厚木市立依知小学校(関口872-1、児童数412人、荻野浩文校長)で19日、ロボットの仕組みなどを学ぶ体験学習が実施されました。5年生の児童57人が、市内にキャンパスがある神奈川工科大学(下荻野1030)の金井徳兼教授から、ロボットを動かすためのプログラミングを学びました。

 体験学習は、子どもたちの理科への関心を高めるため、「おもしろ理科教室」と銘打ち同市教育委員会が全市立小学校で7年前から実施。厚木市に本社を置く、株式会社半導体エネルギー研究所の寄付で創設した「SEL教育基金事業」の一環として、市内の企業や大学から講師を招き開催しています。

 この日は初めに、金井教授がロボットを動かす仕組みなどを説明。続いて、児童達はタブレット端末を使い、基礎的なプログラミングを体験しました。その後、ロボットに迷路を攻略するための動きをプログラミングする実習に、3・4人程度のグループで取り組みました。

 体験した鈴木杏奈さん(11)は「思い通りにロボットを動かすのが難しかったけれど、友達と話し合ってできるようになっていくのが楽しかった。機械は苦手だと思っていたけれど、自分にも出来るんだと思えた」と笑顔を見せました。

 おもしろ理科教室はこの他、人体や果物を電池にする実験をはじめ、光を放つ化学反応、真空の体験など、バラエティに富んだ内容を実施しています。

 (公開日:2020年2月20日)

問い合わせ 教育指導課☎225-2675

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。