ページID:P048671

NPO法人と厚木市が大学生らに食品を無償で提供しました

最終更新日 2020年5月22日(金曜日)

印刷

食品が入った袋を受け取る学生たち
食品が入った袋を受け取る学生たち

市民らから受け取った食品を学生へ

 

 NPO法人Heart34(ハートみいよ)と厚木市は21日、新型コロナウイルスの影響で不自由な生活を送る大学生らに食品を無償で提供しました。提供場所のフードバンクあつぎ事務所(旭町1−31−9)には193人の学生が訪れ、米やレトルト食品、菓子、水などを受け取りました。食品の提供は、22・23日(10〜15時)も実施されます。

 食品の提供は、家庭などで食べきれない食品を受け付け、必要な人に渡す「フードバンク事業」に取り組む同法人の発案で実施。市と協力し、5月16・17日に市民らから食品を募り、171人から提供がありました。

 この日、フードバンクあつぎ事務所では屋外に提供場所を設置。訪れた学生らは、「ありがとうございます」「助かります」などと感謝の言葉を伝え、食品が詰められた袋を受け取りました。

 食品を受け取った市内の大学に通う女性は「市のホームページを見て食品の提供があることを知った。実家は県外にあるので帰れず、アルバイトもできなくて困っていた。とてもありがたい」と話しました。

 同法人の磯野啓治さん(77)は「市民の皆さんなどから提供していただいた食品を二日間かけて仕分けした。皆さんの協力があって、この取り組みが成り立っている。少しでも若い人たちの支えになれれば」と述べました。

 同法人と市は、1年前から市民協働提案事業として「フードバンク事業」を開始。今後も、食品ロスの削減と必要な家庭への支援に取り組んでいきます。

 (公開日:2020年5月22日)

問い合わせ 環境事業課☎225-2793

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。