ページID:P049121

あつぎ郷土博物館の5万人達成記念セレモニーを開催しました

最終更新日 2020年6月29日(月曜日)

印刷

5万人目となった陽菜乃さん家族
5万人目となった陽菜乃さん家族

あつぎ郷土博物館が来館5万人を突破

 

 2019年1月27日に開館したあつぎ郷土博物館(下川入1366番地4)の来館者が6月28日、5万人に達しました。達成を祝うセレモニーが同館で開かれ、5万人目の来館者となった田口陽菜乃さん(2)と父の龍平さん(29)、母の愛美里さん(24)に、認定証と花束が小林常良市長と曽田髙治教育長から贈られました。

 同館は、約20年にわたり貴重な文化財を収集・展示してきた「厚木市郷土資料館」(寿町3-15-26)に替わる施設として建設。2019年1月に開館して以来、2カ月で1万人、1年でおよそ4万4000人が来館し、子どもたちをはじめ、多くの市民から学びや遊びの場として親しまれています。

 同日、記念すべき5万人目の来館者となった陽菜乃さんは「うれしい」と笑顔。母の愛美里さんは「娘が生き物や歴史に興味を持つきっかけになればと思い遊びに来た。5万人目の来館者と聞いて、とても驚いた」と話していました。小林市長は「たくさんの方に来館いただいていてうれしく思う。開館や運営に当たり協力いただいた地域の皆さんに、改めて感謝したい。今年の秋には厚木に縁のある渡辺崋山の企画展も予定している。ふるさとの良さや歴史、文化を継承する場として、引き続き盛り上げていきたい」とあいさつしました。

 同館は、新型コロナウイルス感染症の影響で3月4日から5月26日まで休館。緊急事態宣言の解除に伴い、5月27日から再開しています。6月11日には企画展示「むしってすごい!昆虫写真家が切り取った驚きのむしワールド」がスタートし、4人のプロ昆虫写真家が捉えた躍動感あふれる虫の写真を展示しています。今後も来館者の増加に向け、展示資料の定期的な入れ替えや企画展の開催、市内の歴史や文化を学べる講座の充実などに取り組んでいきます。

 (公開日:2020年6月29日)

問い合わせ あつぎ郷土博物館 ☎046-225-2515

情報発信元

広報課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2040
ファックス番号 046-223-9951
0200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。