聞修寺の山門

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

木製の柱の山門が正面にあり、門の奥に道が続いている写真

山門

市指定有形文化財(平成9年5月8日指定)

所在地

 小野1221 聞修寺

概説

 聞修寺(もんしゅうじ)は『新編相摸国風土記稿(しんぺんさがみのくにふどきこう)』によると、室町時代に開かれた寺であるといい、参道に建っている山門がその面影を残しています。山門は、切妻造り(きりづまつくり)で、以前は茅葺でしたが、現在はトタン葺になっています。建築年代は、桃山時代から江戸時代初めの頃と推定されています。

交通案内

 七沢病院、上谷戸、広沢寺温泉( 七沢温泉経由)行バス 玉川農協前下車 徒歩15分

(更新日:令和2年6月30日)

地図

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育部 文化財保護課 文化財保護係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
電話番号:046-225-2509
ファックス番号:046-223-0086

メールフォームによるお問い合わせ